読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

作品に対して想うこと

ただのオンナに戻る道22

前回のただのオンナに戻る旅~ あっという間に1ヶ月程! 久しぶりのただのオンナに戻る道、更新します☆ 断捨離から起きた出来事~気付き。 今自分が居る場所が 私にとって居心地好くないと気付いた私。 心地好く感じられないのは私の内面が原因なのか? そ…

損切をして、私の中にたっぷり豊かさを注ぐ器を作り直し★

私の望みの移り変わり☆ 私は《私の大好き》《私のときめく感覚》だけにしたい☆ だから、今まで取り込んだ余計なエネルギーそ削ぎ落したい☆ これが私の望みでした。 ただのオンナに戻る道中 『ほんとは私はどうしたい?』って向き合い続ける事で←自愛 私の中…

《制作×お金》についての幻想を手放し⑦

前回の日記の続きです☆ quest4you.hatenadiary.jp サンプルを仕上げて、メッセージくれたAさんにご連絡した所、頂いたメッセージがコチラ↓↓↓ 「よかった~☆」ってなり。素直に嬉しかった。 で、私は、まず「キット作って、よかった☆ ホッ」って感じて。 「確…

《制作×お金》についての幻想を手放し⑥

前回の記事の続きです☆ quest4you.hatenadiary.jp 私の中での手放し★ 予算が1万というクライアントさんの都合は分かった。←これは、相手の都合。私には、関係ない。(←ここで、私の視点が、相手が1万しか無いなら、私はどうしてあげよう?とかやっちゃうと、…

《制作×お金》についての幻想を手放し⑤

真夜中のラブレター そして夜中。深夜12時過ぎ、眠っていた私は、スマホのアラーム音で目を覚ましました。普段は夜、音量無しに設定しているのですが、たまたま、なぜか、その日は音量をそのままにしていたので、何かのお知らせアラームで起きてしまいました…

《制作×お金》についての幻想を手放し④

前回の日記のつづきです☆ quest4you.hatenadiary.jp ★量産への幻想を手放し★ どんどん余計なモノを手放す中で見えてきた《私が本当にやりたい》のは、やっぱり、とことん全力投球できる作品。キラキラわくわくする素材を、ぎっしり入れ込んだ装飾的なコラー…

《制作×お金》についての幻想を手放し③

前の記事の続きです☆↓↓↓ quest4you.hatenadiary.jp 最初に書いたように、私が記念日ギフトのお店を始めたきっかけが、《私の絵は売れない》 ➡ 《世の中の絵を買う流れに組み込めば売れるかも》 ➡ 《記念日ギフトならOK》という設定だったので。 ●自分を《世…

《制作×お金》についての幻想を手放し②

前回の日記で、《制作×お金》についてのザワザワに意識を向けていました。 quest4you.hatenadiary.jp あの日記を書いた後、お風呂の中で、自分の中のザワザワを感じていたら、出てきたのは《記念日ギフト》の事でした。 私、《記念日ギフト》のネットショッ…

《制作×お金》についての幻想を手放し①

ちょっと過去の鉱物作品を見返していて、制作に関して手放したい部分がザワザワと浮き出ていたので書いています☆ 私が手放すのは 余計な想いを取り込んでいた事。 負担しなくていい部分まで取り込んでいた事。 こういうのは難しいだろう・・って、私が勝手に…

鉱物との出逢い@オーラソーマ

鉱物採集~作品の紹介をしている記事です☆ 最近、私の中で再び鉱物に対して関心が高まってきているので、鉱物に関する記事を書いています。 私が初めて鉱物を作品に取り入れようと感じたのは、たぶん3年前。知り合いでオーラソーマをされている方からの依頼…

あ、そうだ☆紙様とコラボしよう☆

怪しいタイトルで、すみません☆ 今まで私は、自身の作品と平行して 目の前のクライアントさんや 想定したクライアントさんを対象に 作品を作ってきました。 クライアントさんを対象にした作品の際は その時の私が出来る限り 相手のエネルギーを汲み取って な…

降って来る感覚☆

一昨日の夜、友人とお茶をしていました。 何気無い話をしている最中 私、ぼーっとしていたのかな・・(;^_^) 気が付いたら、イメージが降って来ていました。 イメージが降ってくる時って、一瞬で その前の瞬間は、自分が何を考えていたのか 思い出せない。 友…

鉱物採集@友人宅②

鉱物採集@友人宅①のつづきです☆ quest4you.hatenadiary.jp 早朝8時にお邪魔した友人宅で、1時間程、庭に落ちている鉱石を拾わせて貰い、帰ってきました。 ↑↑↑ 今回の収穫☆ まだ埃っぽい鉱石です。これから水で洗っていきます。 ↑↑↑ 水で洗うと、石本来の鮮…

鉱物採集@友人宅①

先日、久しぶりに山梨に戻ってきた友人と会った際 そういえば彼女のお家は以前、石に関するお仕事をしていた事を思い出し 「最近、貝殻や鉱石を素材に扱う作品を作っているんだけど、何かいい素材があったら教えて~☆」って、何気なく頼んでいました。 実は…

コラージュ作品☆『鍵穴』

ただのオンナに戻る途中で制作した作品の紹介です☆ ただのオンナに戻る前、私は自分が描きたいのか、描きたくないのか分からない状態でした。今振り返ると、それは、私が余計な思考を沢山取り込んだ状態で、本当の自分の気持ちが分からなくなっていたんです…

中身を描く☆「Buddha」

作品の紹介をしている記事です☆ この作品は「Buddha」という作品です。 英国滞在中「作品を何かコンペに出そう!」と思い、募集しているものを探していたら、ちょうどその時《ほとけさま・イラストコンテスト》というのを発見。 コンペ用に仕上げた作品です…

中身を描く☆「BONSAI」

作品の紹介をしている記事です☆ この作品は「BONSAI」という作品。 英国版トリビア本(豆知識が詰まった本)から 盆栽に関するトリビアをテーマにして制作したもの。 【石付き】という盆栽のスタイルを描いています。 この「BONSAI」の作品を制作し始めた頃…

中身を描く☆「細胞」

旧作を紹介しています☆ (時間が交互していますが過去の作品の紹介~今に至る流れを書いています) こちらの作品は、細胞をイメージして描いたもの。 「The Guppy」「The Silver Swan」同様、透明なシートの上に描いた作品です。 アクリルガッシュで描き、部…

中身を描く☆「The Silver Swan」

旧作を紹介しています☆ (時間が交互していますが過去の作品の紹介~今に至る流れを書いています) こちらは「The Silver Swan」という詩の挿絵として制作した作品です ANONYMOUS作 「The Silver Swan」 The silver swan, who living had no note,When death…

中身を描く☆「The Guppy」

旧作を紹介しています☆ (時間が交互していますが過去の作品の紹介~今に至る流れを書いています) こちらは「The Guppy」という詩の挿絵として制作した作品です OGDEN NASH作 「The Guppy」 Whales have calves, Cats have kittens, Bears have cubs, Bats …

中身を描く☆「赤い蝋燭と人魚」おまけ

小川未明「赤い蝋燭と人魚」つづきです☆ この「赤い蝋燭と人魚」の作品は、想い入れのある作品で・・。 当時イギリスで大学生活を送っていた私は、春休みを過ごしていました。 その春休み期間、ちょうどイタリアのボローニャで、こどもの絵本市(Bologna Chi…

中身を描く☆「赤い蝋燭と人魚」②

小川未明「赤い蝋燭と人魚」つづきです☆ ある時、南の方の国から、香具師が入って来ました。何か北の国へ行って、珍らしいものを探して、それをば南の方の国へ持って行って金を儲けようというのであります。 「昔から人魚は、不吉なものとしてある。今のうち…

中身を描く☆「赤い蝋燭と人魚」①

時間が交互していますが 過去の作品の紹介~今に至る流れを書いています。 (自分の中から出してしまいたいので☆) こちらの日記の続きになります☆↓↓↓ quest4you.hatenadiary.jp 日本・和を意識して制作をしていた私 赤い靴の後に制作したのが、コチラ 小川…

インスピレーションうけたもの

前の記事からの続きです☆ quest4you.hatenadiary.jp この赤い靴のシーンを描いていた時↑↑↑ (もう10年近く前になりますが) 「これ仕上げたら旅行に行く!!」という予定の中 37℃の微熱が続いていて 椎名林檎さんのPVを見ながらテンション上げて 描いていた…

中身を描く☆「Red Shoes」③④

アンデルセン 赤い靴の続きです☆ 裕福な老婦人の元で育ったカレンは 街一番の美しい少女へと成長しました。 ある日、カレンは靴屋の店先でとっても素敵な赤い靴と出逢います。 新しい赤い靴を手に入れたカレンは大喜びです。 教会には赤い靴を履いて行っては…

中身を描く☆「Red Shoes」①②

この作品は、アンデルセンの赤い靴 こども用絵本の一場面として制作したものです。 ある所にカレンという少女が病気の母親と一緒に暮らしておりました。 彼らはとても貧しかったので、カレンの靴を買うお金がありませんでした。 ある日、彼女の母親は亡くな…

中身を描く☆「貝の火」

この作品は宮沢賢治「貝の火」より 表紙デザインとして制作したもの 子兎のホモイが、ひばりの子(小鳥)を助けたお礼に 貝の火という有名な宝物、光る玉を貰う。 光る玉は大変美しい。 貝の火を手にした事で、ホモイはいきなり偉くなってしまう。 周りの動…

中身を描く☆【Animal Zoo】より「Black bird」

イギリスのこども用絵本、【Animal Zoo】より 「Black bird」という作品について制作したもの。 文章は無くてしまったのですが 確か、“朝7時頃 Black bird(ツグミ)が歌い出す・・” みたいな内容だった記憶があります。 ↑の作品、周りのカラフルな部分は透明…

中身を描く☆【Animal Zoo】より

この作品は「Animal Zoo」という イギリスの絵本の中に登場していた虫について制作したもの。 大学時代、私はイギリスの田舎で学んでいたのですが その時の課題です。 残念ながら「Animal Zoo」が どんな文章だったのか手元に残しておらず・・ 確か、わらべ…

中身を描く☆【春と修羅】より「蠕虫舞手」

宮沢賢治著の詩集、【春と修羅】より 蠕虫舞手(アンネリダ タンツェーリン)という詩を題材に制作した作品です。 *“蠕虫(ぜんちゅう・生物用語)の蠕は腸の蠕動と同じくミミズのようにくねくね動くこと”らしいです 蚊の幼虫 ボウフラを、賢治はアンネリダ…

中身を描く☆【春と修羅】より「林と思想」

「よだかの星」と同じ頃、制作した作品 こちらも宮沢賢治の作品、詩集「春と修羅」第一集より 「林と思想」というタイトルの詩をテーマに制作した作品です。 そら、ね、ごらん むかふに霧にぬれてゐる 蕈(きのこ)のかたちのちいさな林があるだらう あすこの…

中身を描く☆「よだかの星」

思い返せば、私はずっと中身・エネルギーを描きたいと模索していたのです。 私の記憶として残る中で、一番最初に中身を描こうと試みた作品は コチラ↑↑↑ 大学時代の課題で制作した作品 これは宮沢賢治の「よだかの星」をテーマに描いたもの。 よだかが抱えた…

制作について感じていた事⑤

ここまで 外側に対して、他人軸に合わせていた部分を削ぎ取り 外側に対して、良い子ちゃんしていた部分を削ぎ取り もはや外側は関係無くなり、向き合うのは自分の中身だけ。 自分の中で、生み出す作品と自分とのギャップを埋めたいと感じ 今まで一人でこっそ…

制作について感じていた事④

ここまで自分の内面と向き合ってきて気付いたのは 「どうやら私が感じる違和感は他人軸が原因なんだ」と言う事でした。 普通だったら・・とか、他の人だったら・・って、他人を基準にして考えてしまったから、ただの私の感覚を大切に出来なかったんです。 ピ…

制作について感じていた事③

臨床美術に触れた事で、当時、私が抱いていたモヤモヤ 自分の中の違和感の一つは、「使っている脳の違いだったんだ」と知れた事は大きな気付きでした。 でも、それだけでは拭えない違和感・・ 「私は描く意味あるのかな」 「今、アートなんて無くても沢山娯…

制作について感じていた事②

「もう苦しくて苦しくて、どうしたら良いか分かんないよー!」となった私。 当時、描かなくちゃいけないのに描けない状態の私に対してタイミング悪く 父親経由でデザインの会社を継ぐ話が出たり、お店を任される事になったり 私の状態をよそに、私に映る現実…

制作について感じていた事①

制作について気付いてきた事 制作をする中で、違和感が出てきたのは今から10年位前 フリーランスのイラストレーターとしてお仕事を開始した頃~でした。 制作=お金を稼がなくてはならないになり作品の対価≒私のエネルギー量で バランスを取れなくなった事が…

制作について感じていた事

《制作について感じていた事》 数年前から 自分が生み出す作品の方向性について 日々模索しながら制作をしてきました。 作品自体に対しては エネルギーを全力で注ぎ 美しく幻想的な世界感を好み、創造してきました。 でもずっと感じる違和感・・と 私自身の…