Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

中身を描く☆「Buddha」

作品の紹介をしている記事です☆ この作品は「Buddha」という作品です。 英国滞在中「作品を何かコンペに出そう!」と思い、募集しているものを探していたら、ちょうどその時《ほとけさま・イラストコンテスト》というのを発見。 コンペ用に仕上げた作品です…

中身を描く☆「BONSAI」

作品の紹介をしている記事です☆ この作品は「BONSAI」という作品。 英国版トリビア本(豆知識が詰まった本)から 盆栽に関するトリビアをテーマにして制作したもの。 【石付き】という盆栽のスタイルを描いています。 この「BONSAI」の作品を制作し始めた頃…

とっても聞きたくなったので☆

私がただ聞きたくなり、聞いている曲を書いている記事です☆ 数日前から、Sarah Brightman (サラ・ブライトマン)の Scarborough Fair (スカボローフェア)が聞きたくなり、youtubeで聞いていました☆ 色々なスカボローフェアがある中で、私はコレが一番好き…

ワークショップについて想う事★

★ワークショップについて想う事★ 真穂さんとの3回目のセッションで(真穂さんのblog紹介でも書かれていましたが)「ワークショップとかやっても、クライアントさんに、私は何もしないと思う。」みたいな事を言ったんです。 笑いながら「紹介し辛いわ・・笑」…

★募集中★自分だけの宝箱&宝地図を創るワークショップ★

ワークショップのご案内です☆ お茶会@ただのオンナに戻る旅のお誘いに加えて、《心×アート》の自己探求が出来る場を創りたいな・・という想いから、ワークショップを開催する事にしました☆ 1回目は、題して・・ 自分だけの宝地図&宝箱を創るワークショッ…

お茶会のお誘い@ただのオンナに戻る旅★

お茶会のお知らせです☆ 3ヶ月前にスタートさせた、私の、ただのオンナに戻る旅★ もうすぐ、3ヶ月が経とうとしています☆ この3ヶ月は、私にとって、とっても濃い 自分の人生の中で、とびきり大切な宝物の時間となりました!^^ 3ヶ月前は、絵が描けなくなり…

ただのオンナに戻る道⑲

ただのオンナに戻る道 記録メールです ---------------------------------------------------- 3ヶ月前にスタートした、私のただのオンナに戻る旅もあと10日で終わりが近づいて来ました。早いような、でも、とっても濃厚で、中身がぎっしり詰まったとびきり…

喜びに焦点を合わす訓練☆

喜びに焦点を合わす思考訓練☆ 前回の日記の 自己との対話@LINEで 相談する私とアドバイスする私の対話 の、おままごとみたいな会話をする中で もう一つ始めた事があります☆^^ それは 喜びに意識の焦点を合わす訓練☆ です^^ 現実は本来ニュートラル・良…

自己との対話@LINE

最近、LINEで相談される事が重なり 先日も友人からの相談に対して、返信を書いていました。 ただのオンナに戻る道を歩く私としては 【自分の内面=外の世界】 だから、向き合うのは自分の内面なんだろうなぁ・・ と思いつつ、友人に返信を送りました。 ↑この…

ただのオンナに戻る道⑱

2017年 あけましておめでとうございます☆^^ ただのオンナに戻る道 1週間分の記録メールです ---------------------------------------------------- 12月27日〜1月7日迄の記録です☆ お正月の三が日、私の中の自我がザワザワとしていました。普段は気になら…

ただのオンナに戻る道⑰

前回の日記の続きです☆ 前回の日記が、「2016年最後のただのオンナに戻る道日記になるかな~」って思っていたんですが、また出て来ちゃったので書いています。 たぶん、これがホントに今年最後になると思います☆^^ うまく言葉にできなかった部分もあります…

ただのオンナに戻る道⑯

今日、ただのオンナに戻る道は書く予定では無かったのですが、ふとした事から大泣きして大浄化になってしまったので書いています。 ここ数日(3~4日程)、私はあまり調子がよくありませんでした。 思い当たる原因は、いくつか。 ①お腹が壊れている ②ホルモ…

よいお年を~☆^^

2016年、今年は私にとって激動の1年でした。 とっても沢山涙も流したし、とっても沢山ステキな喜びにも出会えました☆ 関わって下さった皆様 本当に どうも有難うございました☆ 2016年、残りわずかですが、素敵な年の瀬&よいお年をお迎えください☆^^ ★お…

中身を描く☆「細胞」

旧作を紹介しています☆ (時間が交互していますが過去の作品の紹介~今に至る流れを書いています) こちらの作品は、細胞をイメージして描いたもの。 「The Guppy」「The Silver Swan」同様、透明なシートの上に描いた作品です。 アクリルガッシュで描き、部…

中身を描く☆「The Silver Swan」

旧作を紹介しています☆ (時間が交互していますが過去の作品の紹介~今に至る流れを書いています) こちらは「The Silver Swan」という詩の挿絵として制作した作品です ANONYMOUS作 「The Silver Swan」 The silver swan, who living had no note,When death…

中身を描く☆「The Guppy」

旧作を紹介しています☆ (時間が交互していますが過去の作品の紹介~今に至る流れを書いています) こちらは「The Guppy」という詩の挿絵として制作した作品です OGDEN NASH作 「The Guppy」 Whales have calves, Cats have kittens, Bears have cubs, Bats …

アクセサリーからの学び☆

前回の日記のつづきです☆ ちょっと面白い体験をしました☆^^ 実は先日の、真穂さんとのセッションの帰り新宿で私が好きなアクセサリーのお店に立ち寄って「私がワークショップするとしたら、こういうの身に纏っていたいな〜☆」なんて思いながら物色していた…

ただのオンナに戻る道⑮

ただのオンナに戻る道 1週間分の記録メールです ------------------------------------------------ (12月20~26日迄の記録です) 先週、20日はセッションを、どうも有難うございました!!洗練されたデザインのお店で最後の学びを体験できてとても嬉しかっ…

ただのオンナに戻る道⑭

先日は、ただのオンナに戻る道、真穂さんとの最終セッションデーでした☆ 当日、私は前日あたりからの酷い眠気にやられ、うとうとしながら都内に向かっていました。 最終日のセッションは、シェフであり、アーティストでもあるJANICE WONGさんという女性が手…

中身を描く☆「赤い蝋燭と人魚」おまけ

小川未明「赤い蝋燭と人魚」つづきです☆ この「赤い蝋燭と人魚」の作品は、想い入れのある作品で・・。 当時イギリスで大学生活を送っていた私は、春休みを過ごしていました。 その春休み期間、ちょうどイタリアのボローニャで、こどもの絵本市(Bologna Chi…

中身を描く☆「赤い蝋燭と人魚」②

小川未明「赤い蝋燭と人魚」つづきです☆ ある時、南の方の国から、香具師が入って来ました。何か北の国へ行って、珍らしいものを探して、それをば南の方の国へ持って行って金を儲けようというのであります。 「昔から人魚は、不吉なものとしてある。今のうち…

中身を描く☆「赤い蝋燭と人魚」①

時間が交互していますが 過去の作品の紹介~今に至る流れを書いています。 (自分の中から出してしまいたいので☆) こちらの日記の続きになります☆↓↓↓ quest4you.hatenadiary.jp 日本・和を意識して制作をしていた私 赤い靴の後に制作したのが、コチラ 小川…

とっても聞きたくなったので☆引き続き

とっても聞きたくなったので☆ 引き続き ただ私が今とっても聞きたくなり 聞いてる曲をただ載せている記事です☆ 数日前までは全然、私の意識に上らなかったのに。 今 勝手に私の中で流行っている状態です。 不思議です^^ ちょうど今、私は過去の作品を整理…

とっても聞きたくなったので☆

昨日は最後のただのオンナセッションでした☆ そこで感じた事は改めて記事にします☆^^ ここ数日、私はひどい眠気に襲われて過ごしていました。 身体の底から猛烈な眠気がジワジワ浸透してくるような・・ 眠気の最中、なぜだか とても聞きたくなった曲があり…

ただのオンナに戻る道⑬

前回の日記のつづきです☆ 彼に暴言吐いた後、体感としてのヒリヒリは残ったまま 私の中で、ずっと長い事抱えていた 結構な大きさのジャッジが解けていってる最中の感覚で、昨日 この記事を書いて下書き保存していました。 それで、今日、昨日より深まって、…

ただのオンナに戻る道⑫

前回の記事の続きです。 彼を鏡にして吐き出してる最中、私はモヤの原因を虫眼鏡で探して「獲ったー!」って状態だったのですが、真穂さんのblogで書かれている この状態↓↓↓ santasantasan.hatenablog.com 吐き出させて貰ってblogにあげて、ヒリヒリを感じて…

ただのオンナに戻る道⑪

ただのオンナに戻る道 起きた出来事~の記録です☆ 一昨日、彼との電話でモヤっとしたのを感じたのですがその時はそれが何なのか分からず・・ 昨日、だんだんモヤっの正体が分かってきたので彼にメール書きながら、感じ尽くしていました。 それは彼の発言「仕…

インスピレーションうけたもの

前の記事からの続きです☆ quest4you.hatenadiary.jp この赤い靴のシーンを描いていた時↑↑↑ (もう10年近く前になりますが) 「これ仕上げたら旅行に行く!!」という予定の中 37℃の微熱が続いていて 椎名林檎さんのPVを見ながらテンション上げて 描いていた…

中身を描く☆「Red Shoes」③④

アンデルセン 赤い靴の続きです☆ 裕福な老婦人の元で育ったカレンは 街一番の美しい少女へと成長しました。 ある日、カレンは靴屋の店先でとっても素敵な赤い靴と出逢います。 新しい赤い靴を手に入れたカレンは大喜びです。 教会には赤い靴を履いて行っては…

中身を描く☆「Red Shoes」①②

この作品は、アンデルセンの赤い靴 こども用絵本の一場面として制作したものです。 ある所にカレンという少女が病気の母親と一緒に暮らしておりました。 彼らはとても貧しかったので、カレンの靴を買うお金がありませんでした。 ある日、彼女の母親は亡くな…