Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

制作について感じていた事

f:id:q4u:20161114141611j:plain

 《制作について感じていた事》

 

数年前から

自分が生み出す作品の方向性について

日々模索しながら制作をしてきました。

 

作品自体に対しては

エネルギーを全力で注ぎ

美しく幻想的な世界感を好み、創造してきました。

 

でもずっと感じる違和感・・と

私自身のエネルギーの枯渇感・・。

 

創れば創る程、ぐったりしてしまう。

 

「私のエネルギー配分がおかしいのかな?」

「そもそも本当は、私は描く事が嫌いなのかな・・?」

 

もはや制作が楽しいのか

楽しくないのか分からない状態。

 

どうしたら、ここから抜け出せるのか模索する日々。

 

 どうして私は描き始めたのだろう・・

当初、原点に立ち戻ろうと

自分を内観しました。

辿り着くのは こども時代。

 

絵を描く=母親が喜んでくれる

絵を描く私=存在していて良い

 

絵を描く私が

私のアイデンティティーに

なっていた事を再確認し

認められなかった過去の自分を

癒す作業をしていました。

 

しばらくすると

再び描きたい気持ちが蘇り

しばらく制作をするも

やはり再び襲ってくる違和感。

 

 

その違和感の正体が

何なのか分からないまま

 

その感覚は、ずっと私に

重たくのしかかっていました。