読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

ただのオンナに戻る道④

ただのオンナに戻る道

ただのオンナに戻る道

1週間分の記録メールです☆

 

f:id:q4u:20161127151049j:plain

 -------------------------------------------------

前回~今日迄の記録です(11月2日〜9日)

 

■過去の恋愛 振り返り

実は過去の恋愛で結婚に至らないパターンがあり
今回の彼との恋愛とも重なる部分があった為

「この事は私に何を教えてくれているんだろうか?」の視点から
私はメッセージを学び取れているか再確認してみました。


《当時の彼、ある職種・遠距離恋愛
体が弱い事を理由に将来開業する予定で
その場合、パートナーは同業者が良い
という理由から結婚に至らなかった》

 

■【起きた出来事と、当時の私の内面】

1体が弱い彼=私が尽くせる・お世話できる=そのままの自分は価値が無い
遠距離恋愛=良い所だけ見せられる・本当の自分をさらけ出さないで済む

3彼の発言「俺は体が弱い。いつまで勤務出来るか分からない。開業するしかない。
開業するなら結婚相手は同業者になる。私とは結婚の約束は出来ない」
に私は傷つき、ケンカし、結果 破局。
彼の言葉に、私の現実の主導権を渡していた=私が創造主じゃなかった

4常に同業者の彼女が出現した
彼の職種は、金銭的にも社会的にも安定/ 絵描きは、金銭的にも社会的にも不安定
彼の職種は自由、絵描きは不自由な設定だった

5「彼にとっては○○な人がパートナーなら理想だろうな」と
彼視点だった=他人軸だった
「私にとって、どんな状況が理想なのか」意識が自分に向いてなかった
脇役設定だったので、この世界に私が必要無い証を集めていた

6彼が同業者の彼女と別れた事、再び同業者の彼女を作った事に対して
私が罪悪感を感じ、場の中和役にならないといけないと思い
自分を隠した。周りの状況>私の心だった
知り合いに自分達の関係を隠さなくちゃいけない状態だった=自分の存在を否定してた

7彼の望む結婚スタイルに自分を合わせようとしてた=自分の望む結婚スタイルが分からなかった

8彼の職種と絵描きの自分を比べて絵が描けなくなった
外の世界に沿う私=価値がある私(他人軸だった)

9遠距離+高級な場所が楽しい反面、金銭的にキツかった=我慢してた、頼れなかった。

10私の立ち位置が我慢しなくちゃいけない、待たなくてはいけない、良い子しなくちゃいけないだった=他人軸

 

■【メッセージ】
1自分にエネルギー注ぐ・他人には尽くさない
何もしない、ただいるだけの私で価値がある

2本当の自分で在ればいい、全てさらけ出していればいい

3相手(外側・現実)の言葉に主導権渡さなくていい
私が私の世界の創造主

4私にしか生み出せない作品でお金もバンバン回り
自由に生きる私でいい

5私が主役なのだから、自分軸で
私に合う望みのパートナーに意識向ければいいし

この世界に愛されている証・ここに居て良い証
優しくされている証に意識を向ける

6他人の責任を私が取らなくていい。
場の中和役にならなくていい。
どんな状況でも自分の心を優先すればいい

7自分の望む結婚スタイルを探求すればいい

8枠にはまらず、ただの私が宝である自分を生きればいい

9したい事だけすればいい
したくない部分
無理する部分は拒否か頼ればいい

10我慢しない、待たない
自分のしたい事優先で、自分を心地好くする私でいい

 

つづきます☆