読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

ただのオンナに戻る道⑥

ただのオンナに戻る道

ただのオンナに戻る道
1週間の記録メールです

f:id:q4u:20161127151049j:plain

 

--------------------------------------------------

 

前回〜今日迄の記録です
(11月9日〜17日)

 

 

彼との恋愛を振り返り、気付いた事
■【真理の探究>私】になっていたパターン

現在、彼は私との同棲解消後、自分と向き合う為 遠方で暮らしているのですが
その事について気付いた事。

 

“魂が成長する過程では、私は我慢しなくちゃならない”
“真理を学ぶ為なら嫌な事されても、私は仕方ない”
真理>私になっていて、真理の探究に我慢がくっついた設定になっていました。

 

私が大切にされる状況と、自分も相手も真理を学んだり魂が成長する事は
両立する設定にしたいと感じ、内観してみました。

 

今までの私の心の中には
真理の探究(本来の自分として生きる事)がやりたい事だし
間違っていないはず、と感じつつも
どっちに進んだらいいのか迷い、上手くいかない状況もあり

 

普通に生きている(ように見える)人が
私より簡単に欲しい物を手に入れているように見えて
「真理の追究をする私は、好きな事しているんだから、まだ我慢しなくちゃならない」って抑え込んだり

 

普通に生きる道の上に、私の成功も、正しさも、お金のノウハウも
生き方のノウハウも全てセットで存在していると、無意識に、そんな感覚が染み込んでいたので「本当の自分として生きる道は、自由だけどセットは無いから、貧乏で孤独」って思い込んでいました。


本当の自分として生きる道(真理の追究)と、豊かさが離れている感覚でした。

 

本当の自分として生きる道を選びながらも
常に自分の中には、普通に生きる道セットが
自分と比べる対象として存在し続けていたので
身動きが取れなくなっていました。

 

それが、今回 ただのオンナに戻る過程で
自分の内面に意識がガッツリ向き


私の道標も、私にとっての正しさも、生き方も
全部 私の中にある!本当の自分として生きる道の上にセットである!ってなったら


もう、外の世界(普通に生きる道セット)を同時に掴んでいなくていいんだ!!
私の成功や正しさや生き方と、普通に生きる道セットは別物だ!
だから普通に生きる道セットは捨てちゃっていいんだ!!

 

真理の追究=私の豊かさ ってなって、比重が変わりました。

 


で、もう一つ。↑と矛盾する観念になってしまうのですが
本当の自分として生きている私(真理として生きている私)=豊かなはず
という設定が自分の中にあったのですが、未来の自分に焦点が当たっていて

今の私=真理の探究をしている私(本当の自分として生きようとしている私)=まだ豊かじゃないっていう設定になっていました。

 

本当の自分に戻る過程の私は、まだ手にしちゃいけない。
本当の自分に戻ったら、全てが終わったら、手にしていい。
全てが終わるって、死ぬ時じゃない!?
生きてる間は豊かになれない設定になっていました・・。
「もう本当の自分に進んでいるし、もう豊かさも手にしていいんじゃない?」と感じると若干まだ抵抗感が出てくる感覚があるので、ここは もう少し見てみようかな、と思います。

 

 

 

■【親について】気付いた事
親に対して、子供の頃から抱いていた
憎しみ・怒り、みたいな感情が残っていたので内観してみました。

 

《私に映っていた父親
サラリーマンから、デザイン事務所を立ち上げて独立
色々トラブルもあり、事業で上手くいかない状況も多々あった
父親が自由に好き勝手したから、母親が犠牲になった(と思い込んでた)

 

《私に映っていた母親》
本当は好きな事したかったのに生活の為に
教員を続けて、幸せになれなかった(と思い込んでた)

 

好きな事をしているのに思うように稼げない父
母を幸せにできない父、不幸な母、
を自分の現実に創ってしまって
そんな両親に対して、怒りや憎しみの気持ちがあったのですが
今回、内観していたら、私が憎んでいたのは両親そのものでは無くて
両親が手放さなかった“他人軸の部分”だったんだと気づきました。

 

父が手放さなかった他人軸の部分
(人に認めて貰おうとする姿勢・本当の自分を生きようとするも世間のルールを捨てきれなかった姿勢)
母が手放さなかった他人軸の部分
(自分より相手を優先する、男性性>女性性だった姿勢・自分の中に豊かさがあると気付けなかった姿勢)

 

 

それは、両親の時代には、そこと向き合い解消する時間も、術も無かっただろう部分で
私が正に今、ただのオンナに帰る過程で学んできた部分で、バトンタッチされた私への課題であって。
その他人軸で生きる姿勢は、正しいとされて、当たり前に浸透していた部分で
私が嫌な思いをしてしまったのは事実だけれど
両親の愛でしかなかったんだと・・。。

ここに到る迄の私は、私は両親そのものを憎んでいたと勘違いしていたけれど
私が感じて嫌だったのは、両親に張り付いていた余計なエネルギーの部分(他人軸)で
私は、ただの両親そのものは憎んでいなかったんだ・・。って。
両親が、何にも張り付いていない、ただある感じ・・


書いてたら涙が沢山溢れました。

 


■【作品の値段設定】に関して、気付いた事
今まで私が作る作品の値段=私のエネルギー対価という設定をしていました。
だから、とことん与えなくちゃいけない、としていたし
逆に安い値段の仕事は、エネルギーを注ぎたいのに注げない!
エネルギー落とす感覚で不完全燃焼感がありました。

 

そこで、「作品、1枚あたりいくらならワクワクするかな?」って妄想してみたら
「1枚、50万、130万とかだったら、ワクワクする!」って出てきて。

 

私がワクワクする値段設定なら
私が今まで知らなかったワクワクする素材を探求する時間の余裕も、費用の余裕も出来るから制作する過程も、仕上がる作品に対して、まず私がワクワクする!
しかも、もし、そんな機会を提供してくれるクライアントさんが居たら、
私に、その値段で作品を依頼してくれる時点で、ワクワクしているだろうから
作品が仕上がってお渡しする時のワクワク感も凄いはず!


私もクライアントさんもワクワク出来て、いい作品も仕上がって、豊かな循環になったらそれ、すごく楽しいな!!って、楽しくなりました。(#^^#)

 


作品に関しても、先週〜自分に公開で、ただのオンナに戻る過程を記しているのですが
記事に沿う挿絵を、過去の自身の作品の一部から取ったり、新しく作ってみたりしています。

内容も絵も、私のエネルギーなので違和感がなく、生み出すのがとっても楽しいです☆(*^-^*)

今までは、他の誰かを主人公にして作品を提供していたので違和感があったのですが、それは主人公の私がどこにも存在していなかったから、違和感(疎外感)を感じていたのかもしれないな・・とも気付きました。

 


*それから、今週チャレンジしてみた事*

「もっと心の声を聞けるようになりたいなー」と思って
ネットサーフィンをしていたら、リベレスタさん主宰の「心に聞く!」というワークショップを発見して先週参加してきました。現代催眠を使ったやり方で、自分の潜在意識の声を聞くという方法なのですが実際、誘導して貰ったら私も自分の心の声が浮かんで、面白い体験となりました☆

体感としては残っているので、これも活用出来たら面白いだろうな〜って思っています。^^

今週はこんな感じでした♪


ただのオンナに戻る道セッション~、あさってで、ようやく1カ月になります。
この1カ月は本当に、とっても濃かったです!!
まだ1カ月しか経ってないんだー・・笑

ずっと探していた方向が見つかっただけでも、私にとってはお宝大発見だったのに
どんどん進んで行っている。
進んでいけば行くほど、こっちで大丈夫!!って安心感が濃くなり、道が開けていく感覚があります。
本当に、戻ってこられて良かった・・!!!!!
残り2カ月で、どこまで行けるのか、楽しみです^^