読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

ただのオンナに戻る道⑦

ただのオンナに戻る道

f:id:q4u:20161127151049j:plain

 

先日、ただのオンナに戻る道、2回目のセッションを終えてきました☆

今回は東京駅 大丸店内の千疋屋にて

美味しいフルーツ盛り合わせを食べながら

またまた、大満足な学びとなりました★

 

私が学ばせて貰っているのはコチラ☆↓↓

santasantasan.hatenablog.com

 

ただのオンナに戻る道
記録メールです
--------------------------------------------------

 

“自分がどうしたいのかを知る為に相手(彼)の存在を活用するっていう視点″が
私にはスッポリ抜けていた事に、気付けた事が今回の大収穫でした。

 

私は彼との間で起きた状況(問題だと、認識していたモノ)に対して
自分とは向き合っていたけれど

(自分がどうしたいか知る為 最初は他人軸から自分軸に意識を戻す為

自分自身と向き合う時間は必要だったと感じているのですが)

 

生身の彼の存在を活用出来ていなかったので(私の自問自答で終わってた)
私の現実に現れた彼が離れていく現実を創っていました(私の自己完結でしかなかった)

 

私の在り方が、彼を必要としなくても済む状態だったから
彼を必要としない現実(遠距離、別居)を創り
私は彼と「どうしていきたいのか?」分からなくなってました。

 


自分の在り方=自己完結する形だったので
「結論を決めてからじゃないと話ちゃいけない」
「自分がどうしたいか分かってからじゃないと話難い」
って、彼との会話に抵抗感を感じる事になっていました。

 


で、当たり前の事だけども


今の彼と会話していないんだから

自分がどうしたいのか分かるはず無かったんですよね・・・。( ;∀;)

 

 


今回、真穂さんとのセッションで

相手と直接向き合って、やりとりする中で
自分の心の反応を自分で感じて、自分がどうしたいのか決める為に
相手を活用するという視点(あくまで自分軸)

自分の気持ちが変わったら、何度も伝え直せばいいっていう事

に気付かせて貰って、ハードルが下がった感覚で、翌日彼に電話をしてみました。

 

 

私の中で、今の状態に対して、様々な気持ちがあって
●彼と離れる事になった事は悲しかったけど、現時点で私の学びに繋がっていて、もう少し自分と向き合い続けたい気持ち
●彼とは中身のある会話をしたいと思っていたけど、今まで出来ていなかったから、諦めに似た気持ち
●私にとって今は「自分がどうしたいのか?」見つめる時間で、たぶん彼もきっと「自分がどうしたいのか?」向き合っているだろうから、そっとして置きたい気持ち

 

今の時間が、私にとって、結論の先延ばしなのか、彼を信じているのか、自分と向き合う事で結論から逃げているのか
それが分からなくなっていたので(たぶん、全部の気持ちがあったと思うのですが)
彼と会話する事で、自分がどう感じるのか、自分の気持ちを知る為に会話をしてみました。

 

彼は自分が心が弱いと思い込んでいて(実際、鬱を発症したりしていたけれど)
「逃げないでよ!心弱くないんだから!!それ逃げる口実だよ!逃げ癖だよ!本当は凄く力あるの私は知ってるんだから!!」みたいな言葉が私から出て
そしたら「鬱の人の精神状態なんて、分かんないだろ!!」って彼に言われて

 

「分かんないから、ちゃんと話してよ!! 私は〇〇(彼)の精神状態が不安定になってピリピリしていた状態は嫌だった。
だから正直、離れたいってその時は思ったよ!正直どうしていいか分からなかった。
でも、だからと言って、縁を切りたい訳じゃないし、心が原因にして関係をシャットダウンしたくない。どういう状態なのか、私はちゃんと教えて欲しいの!言ってくれないと分からないの!!私は知りたいの!!!」って言葉が出て。

 

彼とその会話をしながら、ああ、そうか。私は彼と縁切りたい訳じゃ無かったんだ。とか、言ってくれないと分からないって、私がしていた事だな〜とか、浮かんで。
この状態の、何が心地悪くて、何が心地良いのか、みたいな部分が少し分かってきて・・。

 

そしたら、彼も自分の状態や、感じた事を話してくれて
●良い子してしまって思考寄りで生きて苦しくなって、今 本当の自分(心)で生きようとしている事
●今は鬱も落ち着いてきて、でもまだトラウマが出る事があるから自分なりに対処している事

向き合っている部分は一緒だったんだって感じたり(鏡だから当たり前かもしれないですが)私も、意識が自分にある状態で会話が出来たので
私はこう思う。っていう立ち位置で会話が出来て(受け身じゃなく・かと言って相手を責めるでも無く)

 


今まで私は、彼とは中身のある話が出来ないって思い込んでいたので
「本当にパートナーは彼で良いんだろうか?」って自分の気持ちが曖昧になっていたのですが

 

中身のある会話が出来なかったのは

「今までは私が自分の気持ちが分からなくて、主体的な会話が出来なかったからなんだ!」


「自分にしっかり意識があれば、こんなに中身のある会話してくれる人だったんだ!」・・って感じて。。

 


彼の職業についても
“外の世界に救いを求めているはずだ!正しさを追い求めているに違いない″って、私は決めつけていたので
彼とは中身のある会話が出来ないって思い込んでいたのですが、彼と会話する中で、
彼は自分と向き合って、ちゃんと伝えてくれる人だったんだって、感じて。


すごく私にとっては中身のある、本音での会話が彼と出来た感じで
私は今まで彼と会話した中で「一番うれしかった!!」って彼に伝えました。

 


それでその会話が出来た事で、気付いたんですが
私が欲しかったのは、結婚というカタチだけじゃなく


彼と本音で向き合えて絆が深まる感覚を体感できる事
それは私の錯覚かもしれないけれど(現実は私だけだから〇だとして)
この中身の方が、私にとっては大切だったんだ!!!って。
その中身があっての、結婚というカタチが欲しかったんだ・・って。

 


今後どうなっていくかカタチは分からないけど
どういう状態で繋がっていたいのか、そっちの方に意識を向けて
彼の存在を、自分を知る為にどんどん活用していこうと、今は感じています!

 

また、不安も出るし、怖さも出るし、今回出切らなかった感情も
また出てくると思うので、その都度、そのまま出してみようと思います。

 

 

それから、自分自身への信頼が、相手の力をどれだけ信じられるかイコールだな・・って凄く感じて。


今の私は“自分の欠けている・いびつだと昔は認識して否定していた部分にこそ、私だけのお宝、財産がある″って感覚が強まってきたから
目の前に映る相手が、「自分のここがダメだ」って否定している部分にこそ、他の人には出せない味わいだったり、才能だったりが隠れているんだって
感じられるようになっていました。

 

もっと、もっと私が、自分のそういう部分を出して、表現して、自分の力を感じられたら、もっともっと鏡に映る相手に対しても、その人の力を信じる事が出来るんだろうな、そうなっていきたい、と感じています。

 


で、昨夜、彼のお母さんとも電話で話して
(彼のお母さんは芸術家で、息子の彼女としても、作家同士としても凄く可愛がってくれていて)

今回の婚約破棄〜の流れの中で、私が感じた事、学んだ事とかを話して
お母さんも色んな視点から気持ちを伝えてくれて

気付いたら1時間以上、濃い電話が出来て
「バカ息子はほっといてええで!行きたい所に行き!やりたい事をやり!他人の言葉は関係ないで!自分の創りたいもの創り!!!^^」って言って貰って

私は、なんか凄く嬉しくて・・!!!!!^^

 


実は彼のお家は、素敵な古民家のアトリエ&ギャラリーがあるのですが
私が好きな時に作業出来るように、建物内を総改築してくれていたみたいで

でも、この一連の事件で

息子と私との関係がどうなるか分からないから一旦辞めたらしいのですが
ちょうど私がお母さんと電話した日から再開していたみたいで。

 

 

色々な話を聞いて、流れを聞いていたら

たぶん全部の全部、私が本当の自分に戻る為に出てきてくれているパーツなんだなぁ・・みたいな感じがありました。


自分が動いたら、ほんとちゃんと周りも繋がって動いていくんだなー・・っていうのも感じました。


また1週間進んでみます!