Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

制作について感じていた事①

 

f:id:q4u:20161205140609j:plain

 

制作について気付いてきた事

 

制作をする中で、違和感が出てきたのは
今から10年位前

 

フリーランスイラストレーターとしてお仕事を開始した頃~でした。

 

 

制作=お金を稼がなくてはならないになり
作品の対価≒私のエネルギー量


バランスを取れなくなった事が原因でした。

 

 

制作において私が大切にしていたのは

  • ピンっと来る感覚
  • とことん目の前の1枚に向き合ってエネルギー注ぎ込む在り方

 

だったのですが・・・

 

 

当時、私が“正しい”として、自分を沿わそうとしていたカタチは

量をこなさなくてはならない、修正に応じなくてはならない

なぜならクライアント様の期待に答えなくてはいけない!だったので

仕事をする中で、自分の中で大切にしていた部分が

本当に必要なのか?次第に信じきれなくなっていきました。

 

 

  • 《ピンと来る感覚について》


目の前の1枚と向き合っていると
ここってラインが見えてきたり、これって素材を感じたりするんです。

でも、そこまで至るのに、当時の私は

集中するエネルギーと時間が、とっても必要で。


仕上がる作品は良い物が出来たとしても、私は疲労困憊していました。

自分の使えるエネルギーも時間も、許す限り作品に注ぎ切ってしまい

残った私は枯渇感・・。ピリピリ。イライラしちゃうし、生活がすさんでいく。

 

ピンっと来る感覚を追及して、ようやく「ここだっ!」って場所が完成したとしても

パソコン使うと修正は一瞬。色も、この光の下だからこの色合いがベストだけど、空の下や蛍光灯の下では変わってくる。パソコンに取り込んで印刷したら全体のトーンがどうしたって微妙にズレる。何より、私が愛用する技法(それはコラージュなのですが)様々な素材を組み合わせて一つの作品に落とし込む、生の質感が命の作品。でも、印刷したりデジタル化すると、どうしたって ペタっとした感覚になる。

 

どうしたってエネルギーが落ちる感覚になってしまう・・。。(私の中で、です)

せっかく「ここっ!」って感覚を追及して出てきた、せっかくエネルギー高い状態の色合いや素材の組み合わせが、デジタル化すると、エネルギー落とした状態で伝わってしまう。

 

私には、この些細なズレが、とってもストレスでした。

 

何度か周りの人に聞いてみても、他の人には違いが余り分からない、気にならないらしい・・。エネルギーなんて目に見えないし、なんか、なぁ。。本当にそんなの存在しているのかなぁ・・。

 

 

「ホントに私の感覚は大切なんだろうか?」

 


お金を稼がなくてはいけないから、ずっと、そんな感覚にこだわっていられない。

焦る気持ちが増幅して、私は目の前の1枚とコミュニケーションが取れなくなっていきました。

 

 

次第に自分の感覚を信じられなくなった私は、外側の世界に正しさを求め始めました。

元々感じていた

 

“クライアントさんが好む事=正しさ”
“Okが出る作品=正しさ”

“お金になる作品=価値がある”は、どんどん増幅する

 

確かに周りは喜ぶし、仕事にはなる。

でも、ずっと違和感が溜まる一方の私の現実。

描いていても楽しくない。いえ、楽しい瞬間はあるのですが

楽しい瞬間があってもモチベーションが保てない。

「本当は私はこれが良いと思う、けどクライアントさんは予算的にも、こういうのが良いんだろうな・・。。。」

 

 

私の作る作品の視点は、どんどん他人軸になり

どんどん私が大切にしていた視点は消えていってしまいました。

自分の感覚を信じられなくなった私は、どんどん自信を無くしていきました。

 

 

元々 こどもの頃、私はいっぱい叱られて育っていて

絵を描く時だけ褒められていたので(極端に言えば)

ただの私は叱られる、絵を描く私は褒められる

無意識の中に絵を描く私は〇っていう観念・思い込みが

どっしりと存在していました。

 

描く私は〇 描かない私は✖だったのが

ここに来て、描く私も✖ 描かない私も✖になってしまい

 

私、描く必要ないんじゃない・・

存在している必要ないんじゃない・・と

もはや鬱状態

 


何が良くて 何が悪くて
何が心地好くて 何が心地悪いのか
ますます 分からなくなっていきました。


どこかに正しさがあると思っていた私は
マーケティングを学んでみたり
自己啓発してみたり
コーチング受けてみたり。

 


こうするば正しい、上手くいくはず!を学び
しばらく進んでみるも、結果モチベーションを保てない。

 

 

正しさを追い求めて生きていったら苦しくなって死にたくなった。

 

 

「もうどうしたら良いか分かんないよー!!!」となり

一旦描く事を止め、自分の内面と、とことん向き合う事になりました。