Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

インスピレーションうけたもの

前の記事からの続きです☆

quest4you.hatenadiary.jp

この赤い靴のシーンを描いていた時↑↑↑

(もう10年近く前になりますが)

 

「これ仕上げたら旅行に行く!!」という予定の中

37℃の微熱が続いていて

椎名林檎さんのPVを見ながらテンション上げて

描いていたのを思い出しました。

 

当時の記憶が蘇り、どうしても見たくなって検索☆

当時よく見ていたのは

百色眼鏡という短編キネマです。

 

映像が大変美しいです↓↓

本編も良いです☆^^

 

 

f:id:q4u:20161215173228j:plain

 

f:id:q4u:20161215171037j:plain

 

f:id:q4u:20161215171056j:plain

 


椎名林檎 - 茎(STEM)~大名遊ビ編~

 

 

で、その頃(赤い靴の作品などを描いていた時) 

私はイギリス南西部コーンウオールの美大に通っていたのですが

私が大学に入った当初、日本人がほとんと居なくて

私が入学したコース、それはイラストレーション科だったのですが

入学当時70名の生徒のうち、10名程度が留学生(ほぼEU諸国)

香港からの男の子と私のみがアジア出身という

私にとっては、けっこうチャレンジャーな環境でした。

 

住んで居た街でも、まだアジア(日本人)は少なく、声掛けられる時は

「Hey chinese!」みたいな感じで。

 

一歩、家の外に出たら、私=アジアのオンナの子っていう視線が嫌でも突き刺さる。

 

私がどんな人間なのかの、中身よりも

まずアジア、ジャップ(←日本人のこと)というラベルが貼られる。

 

自分のアイデンティティを、嫌という程 感じさせられる環境でした。

 

 

で、そういう部分では、当時 今より もっともっと繊細だった私にとっては

日常生活は色々と多難だったのです・・・。。。が

 

 

制作においてはガッツリ!!

自分と向き合えた濃い時間だったんです。

 

「私らしさを追求!」という、当時の私にとっては、まず

日本、和”っていうのが、そもそも武器になる。

 

で、↑↑を利用しようと感じた私は

 

当時 コラージュという技法に巡り合い

この頃 よく和紙や着物のハギレなどを作品に多用していました。