Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

ただのオンナに戻る道⑯

今日、ただのオンナに戻る道は書く予定では無かったのですが、ふとした事から大泣きして大浄化になってしまったので書いています。

 

 

f:id:q4u:20161127151049j:plain

 

 

ここ数日(3~4日程)、私はあまり調子がよくありませんでした。

思い当たる原因は、いくつか。

 

①お腹が壊れている

②ホルモンバランスが崩れるタイミング

③肌が痒い

 

で、テンションが下がった状態で数日を送っていました。先月も、ちょうどこのタイミングでホルモンバランスが崩れ、気分が落ちていた・・その時は彼に電話して助けて貰ったけれど、今回はそういう気が起きず・・。

 

年賀状の準備やら、パソコン作業やらをしつつ、気になるblogを読んだりする中で・・。以前から、何度もお世話になっていたhappyさんのblog経由で辿り着いたSHINGOさんという男性のblog、『216日目 見たくない本音(上)(下)』を読んで、大泣きしてしまったんです。

 

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

 

 

 

 

前回、私のただのオンナに戻る道⑮で↓↓↓

quest4you.hatenadiary.jp

 

 

私の中にあった結婚の呪縛が、少しずつ ほどけてきていたのですが

 

結婚する=縛られる(こうしなくちゃいけない)←漠然と感じてた

結婚する=ますます自由になる(こうしたい)←本当に望んでいた事

 

SHINGOさんのblog記事を読んでいたら、涙が溢れて、私の奥にあった部分が解けて、蓋していた恐れが出ました。

 

 

 

それは、私は一人になりたかったっていう想い。。

 

 

そして、その想いに対して

そんな風に思っちゃいけない!って想いが蓋してた。。

 

 

私が一人になりたかったのは、結婚に対して恐れがあったから。

私の中で《結婚=枠にはまる、みんなと同じにしなくちゃいけない》・・っていう認識だったから、とても苦しくなってた。パートナーさんと一緒に居たいんだけど、《結婚=自分を失う事》が、どうしても耐えられなかった。

 

 

私が漠然とイメージしていた結婚のカタチは、一般的な生き方モデルの道の上にあって、私が歩いてきた道の上にはセットで無い感覚だったから。

 

 

 

結婚を諦めるか自分を失うか

どっちか選ばなくてはならない

 

 ↑↑↑  ↑↑↑  ↑↑↑  ↑↑↑

 

私が自分にかけていた大きな呪いです

(言葉にすると、こんなにもアッサリしてしまう・・)

 

 

 

 

私は今まで、何度か同じような体験をした事があって

その度、私はパートナーさんと上手くいかなくなって

「どうしてなんだろう。どうしたら良かったんだろう。。」ってすごく悩んだ。すごく辛い思いもした。「たぶん、私が絵を描く道を選んだせいなんだ。この仕事は不安定だし、パートナーは私と一緒だと不安なんだ・・」って、みんなと同じに出来ない自分をいっぱい責めて泣いた。

 

 

そもそもの設定が

結婚=自分を生きるのを辞める事

みたいな設定になっていたので

そんな観念を、ずっと掴んだままの私の目に映る現実では

 

私と結婚するせいでパートナーさんは、好きな仕事を辞めて会社員になったり

パートナーさんの職業の為、私は結婚が出来なかったりで。

 

パートナーさんに好きな事させてあげられない自分を責めるか

私と一緒に居てくれないパートナーさんを責めるか、の繰り返しだった。

 

 

どっちかしか手に入らない

シーソーゲームのようだった。

 

 

私は、この設定上、自分を貫く=結婚は手放す事になっていたし、パートナーさんにも結婚したら自分らしく生きられない呪縛をかけてしまうから結婚させないようにしてた・・

 

だから私は、自分に結婚を許さなかったし、パートナーさんに私との結婚を許さなかった。(*私の内面で起きている事=外側の現実という認識なので)

 

 

 

私は自分を生きる事を突き進みたかった

結婚するせいで自分を犠牲には出来なかった

彼の為に自分を犠牲には出来なかった

 

私は気付いてさえいなかったけど、とってもワガママだった

私は私の為にしか生きられなかった

 

私が守ったのは、私が私らしく在ること

パートナーさんがパートナーさんらしく在る事

 

私はすごく自分の事、大切に想っていたんだ

パートナーさんの事も、物凄く大切に想っていたんだ・・

 

 

 

 

だから、こそ

 

 

 

 

うまく行かなかった。

 

 

 

 

 

あの設定上では。

 

 

 

だから、設定を変える☆

 

 

結婚=一般的な生き方モデルの道の上にあるのではなく

結婚=私の生きる道の上にあって、私が私を生きていて、パートナーさんもパートナーさんを生きていて、お互い一緒になったら、ますます自由になっていける

 

 

 

ようやく

クルッッと、回転した感じ

今まで黒だったのが、白にバーーーーーーっと変わっていく感じ

(今までは漠然と思考での理解だったのが、自分の中へストンと落ちる感じ)

 

 

 

で、SHINGOさんの記事を読んで

 

私は一瞬でも、「パートナーさんと一緒に居たくない!」って思う自分を受け止めてなかった。それ受け止めちゃったら怖い事になっちゃうから、必死に隠そうとしていたんだ。良い子の面被って。で、隠そう隠そうとした、抑圧した部分が表面化しただけなんだ。

 

 

私はパートナーさんと一緒に居たくなかった。

だって、煩わしかったんだもん。お風呂あがって、すぐ服着なきゃいけない事とか。すぐ化粧水つけて、眉描いてとか。

 

私はお風呂あがりは すっぴんで居たいよー。

眉も描くの面倒だし。

髪ボサボサがラクだし、暑かったら服も着たくない。

朝はお昼まで寝てたい!

朝食はおかゆかコーンフレークでいいじゃん。

私は好きな事して生きていきたい。

仕事も好きな時しかしたくない!

 

 

私が隠そうとしてた事って・・こんな自分。

こんな自分に罪悪感、感じてた。

こんな自分をさらけ出すのが怖かった。

こんな自分を守る為、必死だったんだ。

 

 

 

私はパートナーさんと一緒に居たくなかったけど(そういう瞬間もあったけど)

今、離れても尚、私はそこから学びを得ているんだよね・・・。

 

私は何を失ったんだろう。

手放したのは、こうあるべき、の枠、ただの幻想。

残ったのは、ただの私

 

 

私は望んだ事しか体験してない・・☆

 

 

どこまで行っても、出来事は

私が ただの私に戻る為の道標でしか無い・・☆

 

 

うまく言葉になったか分かりませんが

私の中で、また大きく ほぐれていっています・・☆

 

 

 

2016年は、こんなところで☆^^