読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Quest for you~あなたの探求~ほぐれていく私

☆このblogは私が本当の自分に戻る旅を記した記録です☆

《制作×お金》についての幻想を手放し⑥

 前回の記事の続きです☆

 

quest4you.hatenadiary.jp

 

私の中での手放し★

 

予算が1万というクライアントさんの都合は分かった。←これは、相手の都合。私には、関係ない。(←ここで、私の視点が、相手が1万しか無いなら、私はどうしてあげよう?とかやっちゃうと、ズレる。)

 

 

なので、自分に意識を戻して「1万のエネルギーだったら、どういう状態なら私は心地好く提供できる?」って、ここから自分の心地好さに意識を向けて。

 

 

自分の感情と向き合って、まず出て来たのは、メッセージくれた方(以下、Aさんと呼びます)が希望しているLサイズ(大き目サイズ)のウェルカムボードだと、そのサイズを予算1万で手作業のコラージュでお作りするのは、難しいという事。

 

数枚だけ手作業でコラージュ素材を貼る・・とかも想像してみたけれど、私は1枚貼ったら、2枚貼りたくなって、どんどんコラージュしてしまうから、自分自身をセーブ出来ない。それ、やっちゃうと「これくらいにした方が良いかな?」とか、「本当は、このくらい装飾したいけど、割に合わなくなるから辞めた方が良いかな?」とか思考し出して、感覚<思考での作業になってしまう。それするとズレてしまう。なので、手作業でのコラージュはしない事に決めました。

 

 

自分のやりたい思う存分コラージュを施す作品は、別枠に持って行こう。これは、私がやりたい事だから、私は私のやりたい事を受け止めよう。妥協しない、ただ私が描きたい作品。それは、私が受け止めるから、敢えてここで出さなくてもいいかもしれない・・と、今まで握りしめていたエネルギーが解け、自分の中で手放しが起こり始めていました。

 

 

そこから、再び自分と向き合って「私がやりたいと感じた、手作業で仕上げるコラージュ作品だけに絞った方がいい?(やっぱり今回は断る?)」って問うと、それとは別に「デザインを提供するのは、私はやってもいい☆」って出て。

 

「じゃあ、デザインを提供する部分で、私は1万円なら、どういう状態なら心地好く提供できる?」って再び向き合うと、「手作業のコラージュは出来ない」って出て。(一度貼りだすと、歯止めが利かなくなるので、この条件で、私が心地好く提供は出来ない)「でも、デザインを提供するのは私にとっては苦じゃないから、今まで手作業で施していたコラージュ部分は削って・・印刷で補おう」って出て。

 

 

どうしてもAさんが、譲れない部分という、印字とサイズは、叶えよう。で、あとは装飾の部分。「どの位なら私は心地好く提供できるだろう・・?」って再び感じて。

 

 

 

「そういえば、私、前にキット作ろうって思って、途中まで制作していたよね。。」って事を思い出し。

 

 

実はもともと、このメッセージくれた方が希望しているウェルカムボードのデザインは、私の妹夫婦に作ったもの。その際に「せっかく作ったから、キットにして量産できないかな・・」と、キット用に、少しだけデザインをパソコンで作り直していました。でも、その時は、私の中がしっくり来なくて商品化には至っていませんでした。

 

その時の私は手作業=価値がある・印刷=価値が無い、私の作品の価値=手作業のコラージュ、コラージュを沢山施してある=価値が高い設定、印刷しただけ=手作業では無い=価値が無い設定。自分が価値を認められていなかったので、商品化したくなくて、手放せなかったんです。

 

でも、ただの自分へと戻って行く中、私がしたい事(装飾的なコラージュ)は、私が受け止めればいい。それとは別に、私は、クライアントさんが欲しい状態のものを提供してもいい。って自分の中がほぐれていきました。

 

 

で、今回、このメッセージを頂いた事で、途中まで作りかけていたキット制作を思い出し、1日かけて手直しをしました。記載する印字+最低限の装飾はデザインされた《デザイン用紙1枚》に、好きなようにコラージュを施せる《素材用紙が1枚☆》

 

 

今まで、私が全てやらなくちゃ!ってしていた手作業でのコラージュ部分を私が手放す事でクライアントさんが自由な発想で楽しんで貰える★ 

 

 

  • SETでお付けする素材を使って仕上げて貰っても良し★
  • お手持ちの素材と組み合わせても良し★ 
  • 自分の宝物のお写真を加えて、更にオリジナルな世界に一つだけのウェルカムボードを作っても良し★★★

 

 

 

このカタチなら、私は心地好く提供できる☆☆☆^^

 

 

自分の中でOKが出たので、商品化して、メッセージをくれた方へ翌日ご連絡しました。

 

f:id:q4u:20170204113145j:plain

f:id:q4u:20170204113240j:plain

f:id:q4u:20170204113700j:plain

 

このメッセージのやり取りから、生み出されたのがこちらの【キット販売】☆

↑↑↑この状態は試作品☆

 

 

つづきます☆

 

 

 

★現在、募集中です★

《心×アート》の自己探求できる場を提供しています☆


★今の自分から一歩踏み出し

心地好い自分に会いに行きたい人はコチラへ★

quest4you.hatenadiary.jp

 

★気軽に聞きたい!試したい!お茶飲みたい!人はコチラへ★

quest4you.hatenadiary.jp